ホテルベルクラシック東京

2022年10月15日 挙式

華やかな演出で、ゲストを笑顔に!
みんなの記憶に残る盛大なウエディングパーティー

私たちがベルクラシック東京を選んだ理由は

駅に近いのでわかりやすく、年配ゲストもスムーズに来館頂きたく選びました。ホテルでもあるので僕たちは前日と当日、家族も当日は宿泊してゆっくりできる余裕があったのもよかったですね。ご飯もおいしかったです。 僕たちが選んだ会場「コンコード」は、華やかなパーティをしたい方にはぴったりだと思います。通常の会場はスクリーンが片面だけで、ゲストの何人かは振り返る形で見ていただくことになると思うのですが、「コンコード」には大きなスクリーンが複数あり前後で同時上映ができました。 他にもさまざまな演出ができるので、オススメです。

2022年10月15日 挙式	S様&H様

挙式を終えた感想は

挙式はちょっとくだけた感じでやりたいと思い、人前式を選びました。自分たちの言葉で、想いを伝えられたかなと思います。新婦はお父さんと入場するときは涙していましたが、友人たちがたくさん来てくれていたこともあり笑顔の場面も多かったです。僕も入場時こそ緊張していましたが、楽しくできました。母には胸にブートニアを飾ってもらう演出をお願いしました。これも“みなさんに参加していただく”という大きなテーマのひとつではありますが、結婚式は僕たちのものでありつつも、実は親のほうがうれしい場なのかな、と。できるだけ親の出番を作ってあげたいなという思いがありました。親戚の子たちにも、リングガールをお願いしました。しっかり大役を果たし、ゲストを盛り上げてくれました。

2022年10月15日 挙式	S様&H様

私たちの結婚式で自慢したいポイントは

真っ先にイメージしたのが、盛大な結婚式です。ファーストバイトなど、披露宴ならではの定番演出はすべてやりたいと考えました。さらに僕も妻も友人は多いほうなのですが、可能な限り全員をお呼びしたいと。ただそうなると、ゲストおひとりずつとゆっくり話す余裕はなくなってしまいます。「来てよかったな」と思っていただくことが大前提でしたので、みなさんが参加したくなるような余興をこちらで用意することにしました。 新婦のお兄さんに協力してもらった「フラッシュ暗算大会」は、そのひとつです。短時間でできる上、披露宴会場のスクリーンが大きく見やすいのでみなさんにタイムラグなく問題を解いていただけるな、と。お色直しのドレスとタキシードの、色当てクイズも同様です。どちらもちょっと奮発して、豪華な景品をご用意しました。お料理もランク上のコースを選ぶなど、おもてなしは意識しました。

2022年10月15日 挙式	S様&H様

これから
結婚式をされる
新郎新婦へ

小学校から職場までたくさんの友人をお呼びしたので、久々にお会いする方もいて。これはプランナーさんからご提案いただいたのですが、前方の席には最近出会った方々、後方には昔からの友人、さらにその後方には親族に座っていただいたんです。大階段が後方にあり、入場後は前方の高砂まで歩いて向かうのですが、進むたびに自分が歩いてきた道のりをそのまま辿っているようで。とても不思議な感覚でしたが、感慨深いものがありました。 ゲストのみなさんからも「よかったよ」というお言葉をたくさんいただきました。 結婚式を終え、家族の絆や人との繋がりを再認識することができ一生の思い出になりました。