2020年11月22日 挙式H.I様&K.I様

“ 最上階のガーデンで、ずっと憧れた幸せなシーンを実現♪
大切な人たちが主役になる、感謝を伝える結婚式 ”

私たちが
「ベルクラシック東京」を
選んだ理由は・・・

たくさんありますが一番大きかったのは、祖父母の家に近かったこと。結婚式は私たちの日 頃の感謝を伝えるものにしたかったのですが、誰に向けたものにするかを改めて考えたとき、真っ先に浮かんだのが家族と親族です。中でも祖父母は、私にとって特別な存在。大学進学のため上京したのを機に、4年間祖父母の家にお世話になっていたんです。感染症流行のため結婚式をやるかどうかで悩んだ時期もありましたが、祖父母が元気なうちに花嫁姿を見てほしいという思いがありました。
また、以前から華やかなホテルウエディングにあこがれていたことも、理由のひとつです。季節ごとに装飾が新しくなるエントランスもステキで、クリスマス前の結婚式だったのでツリーの前で撮影できたのも思い出です。あとは最上階にあるチャペル。鮮やかなステンドグラスや木製の参列席など、あたたかみある雰囲気がよかったです。当初は「華美な大聖堂は苦手」と言っていた新郎でしたが、実際に訪れてみるとイメージが一転したようです。祭壇に立つとふたりの姿が真っ白なバージンロードに映り込むのが、「すごくステキだね」と。

2020年11月22日 挙式	H.I様&K.I様

私たちの結婚式で
自慢したいポイントは

披露宴では私へのサプライズもありました。友人たちから届いたビデオレターです。感動しながら観たあとに、彼からバラの花束のプレゼントも。普段はそういうことをしないタイプなので、余計に驚きました。こうした状況下での結婚式ということで、実は準備中に意見のぶつかり合いや不要な口論もあって……。「大変だった中、頑張ってくれてありがとう」ともらった花束だったので、とてもうれしかったです。そんな経験を乗り越えて、より絆が深まったような気もしています。
ドレスは直前までネイビーの1着と迷っていたんです。ただ親族婚でシックなスーツの方も多いので、ネイビーだと色味が地味になるかもしれない、と。結果的には母の「幸せの色というイメージだから、ピンクを着てほしい」というひと言で決めました。

2020年11月22日 挙式	H.I様&K.I様

挙式を終えた感想は

普段以上にいろいろなことを気にしなくてはいけない状況下で、どういう形で結婚式を挙げるか。プランナーさんはじめスタッフさんたちが、親身になって相談に乗ってくださいました。披露宴を親族のみにしたので会場やプランの変更もあったのですが、柔軟にご対応くださいました。当日はお開き後にスタッフさんたちがフラワーシャワーをしてくださったのも、すごくうれしかったです。
お料理も好評でした。中華料理店をやっている親族がいるなど中華好きの方が多かったので、洋中折衷コースを選びました。王道の洋食に加えて炒飯やアワビなどが登場するので、「すごくおいしかったし、お腹がいっぱいになった」と褒めていただきました。同業である親族もペロリとすべて食べていたので、ホッとしました(笑)。

2020年11月22日 挙式	H.I様&K.I様

これから
結婚式をされる
新郎新婦へ

プランナーさんにもたくさんのご提案をいただきました。なんでも気兼ねなくご相談できるので、心強い存在でした。
当初は披露宴に友人たちを呼びたかったのですが、人数を減らすため親族のみにしました。ただ、どうしても友人たちに会いたい気持ちが強く、挙式だけの招待を思いついて。
友人たちを挙式だけに、というスタイルはホテルでもあまり前例がなかったようですが、プランナーさんが「やってみたらいかがですか?」と背中を押してくださいました。
こんな時期にも関わらず来てくださったゲストには、友人親族ともに感謝しかありません。
家族に支えられていることを、改めて実感しましたね。