2020年09月27日 挙式RYUJIさま&YUUKIさま

“ ゲストに感謝を届けるウエディング。
たくさんの笑い声に囲まれた、にぎやかな時間を満喫 ”

私たちが
「ベルクラシック東京」を
選んだ理由は・・・

イメージしていたのが王道の結婚式だったので、独立型チャペルがあるのが、まずよかったです。見学にうかがった印象は、いかにも”結婚式”というきれいな会場だなと。そこに特化しているだけあり、動線も計算されているので、自分たちもゲストもスムーズに過ごせるかなと思いました。
お料理の評判も上々でした! 実は私の父がフレンチのシェフなので、メニューのチェックも厳しくて(苦笑)。父のアドバイスもあり、ワンランク上のコースにしたのですが、その期待に応えてくれる美味しさだったので、みなさんへの感謝がお料理からも届けられたと思っています。
最後に、こちらがホテルというのもポイントでした。親族は近隣住まいなので日帰りでしたが、私たちはせっかくの結婚式だからこそ、ゆっくり過ごしたいなって話してたんですね。式の前後はホテルの部屋でリラックスして過ごして、その点でも希望がかなった1日になりました。

2020年09月27日 挙式	RYUJIさま&YUUKIさま

私たちの結婚式で
自慢したいポイントは

ブーケトスでは、新婦用と新郎用、2種類のブーケを作りました。女性向けにはリップなどのコスメを入れたもの、男性向けにはコーヒーやハンカチを入れたもの。独身女性だけでなくたくさんのゲストに参加していただきたかったので、結果的に盛り上がって大成功でした!
お色直し前の中座エスコート役には、私は双子の妹、新郎は双子の兄を指名しました。私たち、どちらも双子なんですよ。とくに向こうは「新郎本人かと思った!」というくらいそっくりで、注目度も高かったです。
私の幼なじみたちが作ってくれた映像では、会場が大爆笑でした。映像の仕事をしている友人が手伝ってくれた本格的なもので、普段の私の様子を再現したドラマ風の内容。他にもオープニングなどの映像は、映像の仕事をしているまた別の友人が作ってくれました。みなさんにたくさんのご協力をいただいたと思います。
細かいところでいえば、引出物もいろいろと考えました。ゲストのお荷物がかさばると大変なので、プランナーさんに相談して、引出物の宅配便サービスを探していただきました。縁起物やお菓子など3種類をゲストが自分で選べるシステムで、当日お渡しするのは手帳サイズのカタログのみ。ゲストの方々は「すごくラク」「3種類も選べるなんて」と、喜んでくださいました。

2020年09月27日 挙式	RYUJIさま&YUUKIさま

挙式を終えた感想は

当初は春に挙げる予定だったのですが、当時の状況では来ていただけないゲストもいるだろうと思いました。それでは結婚式をやる意味がないと考え、式の1ヶ月前に秋への延期を決めました。手作りした席札などには日付も入れていたので、すべて最初から作り直し。作業自体もですが、やっぱり気持ち的に大変な時期だったなと思います。ベルクラシック東京さんは、しっかりウイルス対策を取っているので、その点では安心感がありました。SNSなどを見ると、花嫁さんが自分でマスクケースを用意するなど大変そうな投稿も見かけますよね。私たちは、そこはすべておまかせできたので、ありがたいなと思いました。ゲストにも”こんなふうに対策しています”とお伝えできたので、安心していただけたと思います。

2020年09月27日 挙式	RYUJIさま&YUUKIさま

これから
結婚式をされる
新郎新婦へ

まず一番にあったのは、ゲストの方に喜んでいただきたいという思いでした。これまでみなさんにいただいた気持ちを感謝にしてお返ししたい、と。分からないことがあるたびにプランナーさんにお聞きしていたのですが、そのつど、ていねいな対応をしていただきました。やりたいことを伝えると、常に具体的な提案を出してくださって。準備期間は、やはりコロナの影響が大きかったですが、ふたりで「やっぱりこの会場を選んでよかったね」と話すことも多かったです。