2020年03月22日 挙式Y.Iさま&M.Kさま

“ ゲストへの感謝を改めて実感。
おいしい和食とおしゃべりが彩る、おもてなしウェディング ”

私たちが
「ベルクラシック東京」を
選んだ理由は・・・

まずはお料理のおいしさです。ふたりともゲストメインの結婚式を考えていたので、もっとも印象に残りやすいものとして、お料理を一番に考えました。当日選んだのは日本料理。両家顔合わせをホテル内の日本料理店で行ったのですが、それがとてもおいしかったんですよ。器がどれもステキで見た目が美しいのもポイントでした。当日も「絶対に食べよう!」と楽しみにしていて、新郎はもちろん、私もひと通りのメニューをいただきました。「結婚式で和食をいただいたのは初めてだけど、すごく良かった」という友人もいて、大好評でした。
私のこだわりは天井の高い独立型チャペルだったのですが、ふたつの条件がそろう会場が意外になかったんですよ。「ベルクラシック東京」さんは、数少ないそのひとつでした。 駅から近かったことも、選んだ理由です。以前ゲストとして呼ばれた中に、駅からやや遠い会場があって、普段は着ないフォーマルなスタイルで会場まで歩くのがつらかった記憶があるので……できれば駅近がいいなと思っていました。ゲストには高齢の親族もいましたし、館内がバリアフリーになっていたのも安心でした。特に大きな決め手があったというより、むしろ何ひとつ不満がなかった。フェアもこちらに最初に行ったので他会場は見学しないままでしたが、「ここがいいね!」とふたりで話して決めました。

2020年03月22日 挙式	Y.Iさま&M.Kさま

私たちの結婚式で
自慢したいポイントは

本当に仲のよい友人と親族のみの結婚式だったので、格式張らないアットホームなものにしたいと思っていました。それには過去に私たちが出席した、結婚式での経験が活かされたかもしれません。ゲストそれぞれにメッセージをもらってうれしかった経験から、自分たちもおひとりずつにメッセージを書いた手紙をご用意しました。彼は、自分がスピーチをまかされた時のことを思い出して「スピーチは頼まず、友人たちにはインタビュー形式で気楽に話をしてもらおう」ということになりました。プランナーさんの勧めもあって取り入れたのは、バルーンスパーク(大きなバルーンを割ると、中から小さなバルーンがたくさん出てくる演出)と、各卓演出のアクアリング(液体の入った容器にドライアイスを入れて、色やチャームの変化を楽しむ)ですね。ゲストのみなさんに驚いていただけるかなと思いました。

2020年03月22日 挙式	Y.Iさま&M.Kさま

挙式を終えた感想は

和やかな挙式をイメージして人前式にしたのですが、みなさんの顔をずっと拝見しながら進行できたのが良かったです。ニコニコしてくれている友人もいれば、泣いてくれている友人もいて。「ベルクラシック東京」さんオリジナルの演出では、両家両親と私たちでキャンドルに火を灯しました。彼の希望で新郎も両親と一緒に入場するなど、家族のきずなを感じられる式になりましたね。
披露宴会場の雰囲気も、とても良かったです。あれほど祝福していただけるのなら、もう一度やりたいくらい楽しかったです。

2020年03月22日 挙式	Y.Iさま&M.Kさま

これから
結婚式をされる
新郎新婦へ

わからないことがあればなんでもすぐに聞けましたし、みなさん親身になってくださって。ホテル内ですべてが調達できるのも、スムーズでした。お料理はもとより衣装も写真も、すべてをチームでプロデュースしてくださるので安心感がありましたね。一生の思い出を、「ベルクラシック東京」のスタッフのみなさんと一緒に作り上げられて本当に良かったです。