2019年09月14日 挙式尚希さま&沙希さま

“ 華やかなプロジェクションマッピングでおもてなし。
手作りグッズや全員参加型演出で、ゲストを笑顔に♪ ”

私たちが
「ベルクラシック東京」を
選んだ理由は・・・

当初は特にこだわりはなかったのですが、SNSで見かけた動画でプロジェクションマッピングを使った演出を見て以来、「自分たちでもやってみたい」と思うようになりました。演出可能な会場をいくつか見学したところ、私のイメージに一番近かったのが「ウェディングスホテル・ベルクラシック東京」さんだったんです。壁全体を使う華やかさと、マッピングが映える広々とした空間が理想的でした。遠方ゲストが多かったので、駅近なうえに宿泊可能なところもよかったです。当時は新郎が海外勤務だったため、お義母さんと見学に回っていたのですが、こちらがいいと意見が一致。ふたりで話していたのは「スタッフさんの対応がいいね」ということでした。

2019年09月14日 挙式	尚希さま&沙希さま

私たちの結婚式で
自慢したいポイントは

ゲストのみなさんにはくつろいで過ごしていただきたかったので、余興などはお願いせず、代わりにフォトシュシュのコンテストを。ベストスマイル賞やベスト変顔賞、ベストショット賞と3部門を設けて盛り上がりました!
中座の際のエスコート役には、私はサプライズで父母両方の祖母を指名して喜んでもらえました。プランナーさんからは「兄弟を選ぶ方が多い」と聞いていて、新郎は自分で考えて弟を選んでいました。実はちょっとだけ距離があったふたりなので、新郎側の親族やゲストが驚いていらして……。兄弟が肩を組んで歩いている姿を見たお義母さんが、本当にうれしそうな顔をされていたのが忘れられません。

2019年09月14日 挙式	尚希さま&沙希さま

挙式を終えた感想は

ゲストのみなさんからも「感動したよ」「楽しかったよ」と、うれしいお言葉をたくさんいただきました。両親への手紙朗読は練習時に号泣してしまったので、本番では涙をこらえて読み上げました。笑顔のままでお開きを迎えたのですが、その後、スタッフさんがサプライズでフラワーシャワーをしてくださった時は感極まりましたね。スタッフさんがひとりずつお言葉をくださったのですが、締めにプランナーさんがあいさつをしてくださると涙が止まらなくなってしまって……。母にも「手紙朗読でも泣かなかったのに、ここで泣くの!?」と(笑)。でもプランナーさんのお顔を見ていたら、無事にこの日を迎えられた安心感と共に寂しさや、これまでの感謝がこみ上げてきたんです。その時に、自分がいかにプランナーさんのことが大好きだったのかを改めて実感しました(笑)。本当に「ありがとう」という気持ちでいっぱいです。

2019年09月14日 挙式	尚希さま&沙希さま

これから
結婚式をされる
新郎新婦へ

実はチャペルも、こちらを選んだ理由のひとつです。都内で鐘を鳴らすことのできる会場は限られているそうで、それができるのが大きな魅力でした。
当日はアフターセレモニーの時に高らかに響く音色を聞いて、「あぁ、結婚式なんだな……」という実感が心から湧きました。
担当の方もまたやさしい方で、年齢が近いこともあり、何でも気さくにお話しできました。