2018年10月14日 挙式S.S様&E.Y様

“ 真っ白な空間を、ふたりの色に。大好きなキャラクターたちをテーマにした、ロマンティックウエディング♪ ”

私たちが
「ベルクラシック東京」を
選んだ理由は・・・

5種類ある披露宴会場のうち、私が惚れ込んでしまったのが「セレナーデ」。キラキラ輝くシャンデリアや真っ白な内装は、私の好きなテイストそのものでした。主人が「好きなように選んでいいよ」と言ってくれていたこともあり、即決しましたね。あとは天井が高くて真っ白なチャペルも一目で気に入りました。デートでよく“夢の国”に行っていたこともあり、そのキャラクターたちをテーマにしたいというイメージがありました。ただ著作権などのこともあるので、すべてが思うようにはできないのだろうなと。でもプランナーさんが一つひとつそれを確認してくれて、当初描いていたイメージをほぼそのままかなえることができたんです。

2018年10月14日 挙式	S.S様&E.Y様

私たちの結婚式で
自慢したいポイントは

やりたいイメージや持ち込みたいものをすでに決めていたので、スタッフさんには最初から細かい質問をたくさんしたのですが、丁寧に答えてくれて。ブーケなど持込料が発生するものとそうでないものも、当初からはっきり教えてくれて助かりました。小物など装飾品はすべて持込料不要と聞いて、イニシャルのオブジェなど飾りたいものを存分に手作りすることができました。好きなキャラクターに見立てたリースのウエルカムボードなど、当日皆さんに褒めてもらえた小物もたくさんあります。ムービーも手作りしました。もともとパソコンは苦手でしたが、結婚式準備を通して使えるようになったんですよ(笑)。自分のイメージを叶えたかったので、頑張りました。あと、装花は大好きなプリンセスのイメージでお願いしました。担当の方に打ち合わせで希望を話したところ、すぐに理解してくれて。パープルとピンクでまとめたお花は、私のイメージどおりでした。テーブルクロスもピンク色にしたので、とてもかわいらしくまとめられたと思います。

2018年10月14日 挙式	S.S様&E.Y様

挙式を終えた感想は

憧れていたイメージそのものでした。母にベールダウンをしてもらい、父と一緒にバージンロードを歩きました。「幸せになってね」という母の言葉が印象に残っています。聖歌隊の方々が2階から歌ってくれたのですが、それもすごくよかったです。参列してくれたゲストも「生歌が素晴らしかった」と驚いていましたし、両親も感動していました。 あとは、フラワーシャワーもやったのですが、花びらの中に好きなキャラクターのマークを型抜きした紙片を入れてくれていたんですよ。そんなこともうれしくて、挙式は不思議とリラックスして臨めました。主人は緊張していたのか、少し動きがぎこちなかったかもしれません(笑)。

2018年10月14日 挙式	S.S様&E.Y様

これから
結婚式をされる
新郎新婦へ

私たちのやりたいようにやらせていただき、プランナーさんにはそのフォローをしてもらう感じでしたね。たとえば再入場時に好きなキャラクターのバルーンを持ちたいと話したところ、「持ったまま各卓を回って撮影されてはいかがですか?」とアイデアをもらって。実際に写真映えしましたし、ゲストにも好評でした。コーヒーカップをハート型のものにしてもらったのもそうです。早めにお願いしておけばよかったのですが、あとで気づいてお願いすると「まだ間に合いますよ」と対応してくれて。会場の雰囲気にもぴったりでした。プランナーさんはじめスタッフさんがやさしい方ばかりでしたので、準備から当日まで楽しく過ごすことができましたね。当日アテンドについてくれた方もおもしろく、緊張がほぐれました。結婚式を笑顔で過ごせたのはそのおかげもあると思います。普段は人前に出るのが苦手な主人も、「やってよかった」と言っていたほどで、非常に満足できる結婚式になりました。