2018年03月24日 挙式将汰さま&明音さま

“ ホテルならではの快適さとアットホームな雰囲気を実現
余興いっぱいの楽しい一日に♪ ”

私たちが
「ベルクラシック東京」を
選んだ理由は・・・

ゲストが140人と多かったので、会場の広さを最優先で探していました。「ウェディングスホテル・ベルクラシック東京」さんには最大で180名入れる会場があると知り見学に行ったのですが、まずは駅からすぐというアクセスの良さや設備が整っているところがいいなと。試食させてもらったお料理も、とても美味しかったです。一番の決め手になったのは、披露宴会場でプロジェクションマッピングができるということ。入場シーンで使うところを見せていただいたのですが、ふたりとも「すごいね!」と感動してしまって。ほかの結婚式ではあまり体験したことのない演出だったので、ゲストにも喜んでもらえるだろうだなと思いました。

2018年03月24日 挙式	将汰さま&明音さま

私たちの結婚式で
自慢したいポイントは

新郎は当初タキシードを着るつもりだったようですが、私がどうしても自衛隊の礼服を着てほしくてお願いしました。礼服が紺色だったので赤いドレスともよく似合い、それもよかったです。 ドレスの色当てクイズをしたこともあり、お色直し後の入場は大きな注目を集めました。もともとはパステルカラーのドレスを希望していたのですが、試着したところあまりピンとこなくて。赤い色は想定外でしたがドレスサロンの方が「お似合いになると思います」と選んでくださったので着てみたところ、気に入りました。ちょうど私の父が還暦というのもあり、ぴったりだなと(笑)。やはりプロの選ぶ目は確かだなと思いました。

2018年03月24日 挙式	将汰さま&明音さま

挙式を終えた感想は

私はすでに退職しているのですがもともと自衛官同士だったので、ゲストも同じ職場、体育会系の方が多かったんですよ。披露宴はプロジェクションマッピングで盛りあがったところで入場したので、とてもドラマティックなものになりました。ファーストバイトは新郎が使うスプーンを、自衛隊らしく迷彩柄で飾ったスコップでやりました。 アフターセレモニーで私はブーケトスを、新郎はブロッコリートスをしました。ブロッコリーに少しマヨネーズを添えて投げたら、受け取った方はその場でかぶりついてくれました(笑)。 両家の親族までいっしょに盛り上がり、楽しいひと時となりました。

2018年03月24日 挙式	将汰さま&明音さま

これから
結婚式をされる
新郎新婦へ

とくにプランナーさんには頼りっぱなしでしたね。常に親切に対応していただきました。印象に残っているのは、ウエルカムスペースの飾り付けです。飾りたいものはいろいろあったのですが雰囲気がバラバラで、どう並べればよいのかわからなくなってしまって。ご相談したところ、すべてを素敵にまとめてくださいました。 当初はアットホームな結婚式をイメージしていたので、ホテルウエディングはちょっと違うかな? と考えていたんですよ。人数的なことから見学に伺ったホテルでしたが、スタッフさんも親身になって話を聞いてくだったので、ここでなら当初のイメージに近い結婚式ができるなと思いました。