2017年05月06日 挙式小池直樹さま&織恵さま

“ やりたいことがすべてかなった!
150名の笑顔あふれるハッピーウエディング ”

私たちが
「ベルクラシック東京」を
選んだ理由は・・・

決め手はいろいろありますが、私たちの結婚式ではゲストを150名ほどご招待する予定だったので、まずその人数が入ることが会場選びの大前提でした。 あと、私が子どもの頃からずっとあこがれていた階段から入場ができる披露宴会場であることも譲れない条件でしたね。
理想通りの披露宴会場があったこと、屋上にある独立型のチャペルがとってもステキだったこと、 結婚式当日の導線がしっかり確保されていて他のカップルと鉢合わせしないことなど、「もう、ここしかない!」と。
プランナーさんが同世代の方でとても話しやすく、何でも相談できそうと思ったのも決め手のひとつでした。

2017年05月06日 挙式	小池直樹さま&織恵さま

私たちの結婚式で
自慢したいポイントは

挙式は100名のゲストに参列してもらい、披露宴には150名のゲストをお招きしましたが、最終的に妥協したことやあきらめたものはひとつもありませんでした!
会場への持ち込みがかなり自由で、私の父が提案した「ひとつのワインボトルでゲスト全員と乾杯したい!」という演出も16Lの巨大シャンパンを持ち込ませていただいてかなえることができました。 バドミントンという共通の趣味があったので、ゲストをおもてなしするウエルカムスペースには高校時代のユニフォームを飾ったり、ラケットを持って前撮りをした写真を等身大パネルにしてお出迎えしたり。 バドミントンのネット一面にふたりの幼いころからの写真をたくさん飾り、披露宴での定番演出“ファーストバイト”用には、シャトルを模した新郎新婦型のケーキを作ってもらいました♪
ゲストの多くが一緒にバドミントン仲間だったので、「ふたりらしいね!」「おもしろい!」と言ってもらえてうれしかったですし、やってよかったと思いました。

2017年05月06日 挙式	小池直樹さま&織恵さま

挙式を終えた感想は

お色直しの再入場では、私が階段から登場して彼が迎えに来てくれるという流れだったのですが、実は彼がサプライズで真っ赤なバラの花束を贈ってくれたんです。 階段から入場できただけでも感無量だったのに、とても感激しました。披露宴会場は光と音と映像を使った演出がとっても綺麗で、再入場のときには暗くした会場内に星が煌めいてとてもロマンチックな雰囲気に。 の中でスポットライトを浴びながら階段を下りてくるシーンは、一生忘れられない大切な思い出になりました。

2017年05月06日 挙式	小池直樹さま&織恵さま

これから
結婚式をされる
新郎新婦へ

やりたかったことが全部かなえられて、本当にこの会場を選んでよかったです。 準備途中で物理的に難しいことなども「こんなことがしたいけど、どうしたらいいですか?」とプランナーさんに相談すれば、 「こうしてみては?」と必ず代替案やアドバイスがいただけたので、理想通りのふたりらしいおもてなしができたと思います。 結婚式でかなえたいことがたくさんある!という人には「ウェディングスホテル・ベルクラシック東京」をオススメしたいです。